手作りブーケ教室・手作りギフト教室・アフターブーケ押し花加工

 花嫁さまのご希望を大切にしたブーケ作りをしています。たった一つのオリジナルブーケを作ってみませんか。 

      大切な方への贈り物に プリザーブドフラワーやドライフラワーでリースやアレンジメント承ります。一点ものとしてお作りします。


                                 

 お申込み・お問い合わせは  アトリエRoseMary                                          
                              お電話(0268-22-1225) 又は お問い合わせフォーム より承ります    

                      
                                                                   

          
インスタグラムに作品写真を掲載しています。ぜひご覧ください!

                   

                                   

トップ  > ローズマリーブログ   > 素敵な薔薇の花束の残し方
Media
 

巣ごもりねむしさんの
ミュージックビデオに!

 
 
AREC
女性創業支援事業
 冊子表紙に!




週刊うえだ 


「女性起業家×サロネーゼ」対談




テレビ信州「ゆうがたGet」



  こまちウェディング
 

お問い合わせ先

長野県上田市吉田249-5

  • 電話:0268-22-1225
  • FAX:0268-22-1225

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

素敵な薔薇の花束の残し方


アトリエRoseMaryでは、いただいた花束を記念に残したいと考えていらっしゃる方のために、ドライフラワーのスワッグをご提案させていただいております。

スワッグというのは、お花をドライフラワーにして壁に飾る花束のことをいいます。

プロポーズの花束、結婚式の花束、バースデーの花束・・・
大切な方からいただいた薔薇の花束をスワッグにしてみませんか。

適しているお花は、薔薇の花束です。
何年もかけて追求してきた「綺麗なドライフラワー」を作るために、アトリエRoseMary独自のドライ方法で、花束を原寸のままにドライフラワーにしています。
色合いは、ほとんどが生花の時よりも濃い色合いになります。
大きさは、生花の時よりもお花は小さくなりますが、薔薇の種類によって、収縮度は異なります。
薔薇の茎、葉までもドライになりますので、そのままを残すことができます。
作品写真のように、薔薇がそのままに加工できます。

そして大切なことは、お客様にお持ちいただく花束も新鮮でないと、作ることはできません。
いただいた当日、遅くとも翌日までには、お持ちになってください。
その時点で、お花の状態によってご相談させていただきます。
ドライフラワーですので、色合いは時とともに徐々にセピア色に変化してまいります。
その変化はとてもゆっくりで自然です。
色合いの変化もまた、お楽しみいただける方には、大変おすすめできるお花全体の加工方法です。
        

    お問い合わせ  電話0268-22-1225 までお願いします
    (電話に出られないときもございますので、その場合はメッセージをお入れください)
 
 
長野市Nさま 結婚式のサプライズ花束をドライフラワーと押花に
 
長野市Kさま サプライズの花束をドライフラワーと押し花額に



東京都Yさま  大切な花束をドライフラワーと押し花額に


長野市Tさま 結婚式のブーケを押し花額と3本をドライフラワーに
    
  
佐久市 K様のスワッグ
サプライズの100本の花束をドライフラワーと押し花額に加工しました。


             
上田市 S様のスワッグ 
 100本の薔薇の花束を半分はスワッグに、半分は押し花にされました。
ラッピングリボンはそのままに          
 



上田市K様のスワッグです プロポーズの花束を半分はスワッグに半分は押し花に
ラッピングとリボンはそのままにお付けしました。




長野市I様のスワッグです。
半分はスワッグに、半分は押し花額に。




こちらのスワッグはアトリエRoseMaryに飾ってあります。






長野市 O様のスワッグです
  100本の薔薇の花束から スワッグと押し花にされました。
  印象的な可愛い赤いリボンはそのままにお付けしました。

at 2016/05/18 16:50:04